タイベル交換の工賃や時間は?なせウォーターポンプも同時交換する?

タイミングベルト交換はちょっと待った!

車の走行距離が10万q前後で高額な修理費用がかかると買替か迷いますよね〜
過去に高額なタイベル交換で失敗した経験がありますから・・・交換後に別の不具合が発生・・・

なので今回は10万q超えの車を試しに査定したら思ったより高額査定でビックリしました!
高額な修理や交換の前に試しに査定してみるのもアリかもですよ!

ネットで無料の一括査定なら簡単な入力ですぐに査定結果がわかります


⇒私が使った一括査定サイトはこちら

タイミングベルト交換の工賃や時間はどれくらかかるのか?

タイミングベルト交換って工賃が凄いかかるイメージがありますが、車種によってかなりの差が出るみたいですね。

 

作業時間は整備工場によって違いがありますが、だいたい1時間で6000円から8000円の工賃が発生するみたいです。

 

タイベルを替えるときにウォーターポンプも一緒に替えるのが一般で、他のも一緒に交換したほうが良い部品もあるので、これらの部品交換なども合わせると4時間〜6時間くらいかかるようですね。

 

なので交換工賃で30000円〜40000円くらいで、部品代は車種によってかなり違いがありますがタイベルが3000円〜7000円でウォーターポンプが10000円くらいで、他にもベアリング関係とオイルシールなども交換したほうが良いと言われることが多いようですね。

 

工賃にプラスして20000円〜30000円かかる感じですかね!

 

 

タイミングベルトとウォーターポンプは同時に交換しないとダメ?

 

エンジンに冷却水を流すためのウォーターポンプですが、これがトラブルとオーバーヒートで走行できなくなったりするので定期的にメンテナンスが必要です。

 

タイベルと同時にウォーターポンプも交換するのが一般的ですが、料金が高くなるしなぜ?って思いましたが、これは後々交換しないと損するからです。

 

タイミングベルトとウォーターポンプは車を分解するときに同じところを分解していくのでウォーターポンプを後で交換すると二度手間になってしまうからです。

 

実際にウォーターポンプは10万キロ以上は持つようですがタイミングベルト交換後にウォーターポンプに以上がでたら、また4時間かけて分解し交換しなければならないのです。こでだけで3、4万の工賃がかかってしまうので、やはりタイミングベルトと同時交換するのが無難なのです。