車 傷 修理費用

タイミングベルト交換はちょっと待った!

車の走行距離が10万q前後で高額な修理費用がかかると買替か迷いますよね〜
過去に高額なタイベル交換で失敗した経験がありますから・・・交換後に別の不具合が発生・・・

なので今回は10万q超えの車を試しに査定したら思ったより高額査定でビックリしました!
高額な修理や交換の前に試しに査定してみるのもアリかもですよ!

ネットで無料の一括査定なら簡単な入力ですぐに査定結果がわかります


⇒私が使った一括査定サイトはこちら

ほんの小さな傷が10万円超えの修理費用に

ある日、知人を訪ねて車で出発しました。今まで何度か訪ねた知人の自宅でしたが、電車を利用し、駅までは知人に迎えに来てもらうという方法で訪ねていたので、車で向かうのは初めてでした。

 

 ナビに住所を設定して出発しました。

 

 最初の方は順調だったのですが、途中、ナビの通りに走っていくとかなり幅の狭い道路を通ることになりました。対向するのがやっとの道幅。向こうから来ないことを祈りつつ、運転していると、こういう時に限って、少し大きめの車が向こうからやってきました。

 

 やってきた車はよける気配はなく、自然と私がよける羽目に。よけるために、車を左に寄せた時に、石垣でできた壁があり、その壁の角に前をこすってしまいました。

 

 対向が終わった瞬間、運転席から飛び出し、左前の車体を確認。それほど、スピードを出していた訳でもなく、感覚的にはコンと当たった感じだったのですが、実際に見てみても、わずかに傷がいっている程度に見え、これなら、補修ペンで塗る程度で大丈夫だろうと、まずは一安心をしました。

 

 そして、数日後、車を修理に出した時のこと。

 

 傷の部分を見てもらいながら、「ペンでの修理でいけますよね?」というとまさかの答えが返ってきました。
 「もう少し傷が下で、バンパーについていたならそれで大丈夫ですが、本体に傷がついてますからねぇ。しかも、傷自体は小さいですけど、結構深いので、ペン修理では無理ですね。このままほっておくと、そこから錆びたりしてきますから。」

 

 つまり、傷の部分を総替えしないといけないということだったのです。

 

 できた傷は、バンカーから少し離れたタイヤを覆っている本体の部分。そこをそっくり替えた方がいいということでした。

 

 さびてきては困るので、修理をお願いすることにしましたが、修理代は何と10万円越え。それでも大切な車で、長く乗りたいと思っていたので、修理をしてもらいました。ほんの小さな傷だったのに、まさかの出費になってしまいました。