ボンネット 板金修理

タイミングベルト交換はちょっと待った!

車の走行距離が10万q前後で高額な修理費用がかかると買替か迷いますよね〜
過去に高額なタイベル交換で失敗した経験がありますから・・・交換後に別の不具合が発生・・・

なので今回は10万q超えの車を試しに査定したら思ったより高額査定でビックリしました!
高額な修理や交換の前に試しに査定してみるのもアリかもですよ!

ネットで無料の一括査定なら簡単な入力ですぐに査定結果がわかります


⇒私が使った一括査定サイトはこちら

ボンネットやフェンダーの修理代がちょっとした中古車が買えるまでに

自動車は、持っているだけでも色々とお金がかかりますが、交通事故を起こした場合は、思いがけない出費になるケースも珍しくなく、車両保険に入っていないと自腹を切る羽目になります。

 

とある年末に、職場の忘年会があり車で会場に向かっていましたが、その途中に交差点で物損事故を起こしてしまいました。

 

相手の車両の損害に対しては、任意保険に加入していたため、保険が適用されましたが、自分の車両に対しては車両特約をつけていませんでしたので、自腹を切る羽目に。

 

自動車を運転する時には、保険料が多少高くても任意保険に入っておくべきだと実感させられました。

 

ちなみに、自分の車両の損傷範囲は、フロントバンパーやライトの部分が破損してしまい、ボンネットやフェンダーなどの板金部分まで損傷したため、修理代はある程度高くなるなと覚悟しました。
修理するかそれとも車を買い替えるか思い悩みましたが、結果的には修理することに決定。

 

 近くの自動車整備工場に見積もりを依頼したところ、最初は10万円程度かなと予想していましたが、思ったよりも高くて結果的には30万円提示されました。

 

 その当時は、給料も安かったので仕方がなく、銀行のキャッシングを利用お金を工面しましたが、振り返ってみると生活がとてもキツかったのが思い出されます。

 

 銀行のキャッシングで20万円を工面し、支払回数は12回にしましたが、完済までは正に茨の道状態で、返済の途中に銀行引き落としが不能になり、結果的に家族に内緒で借金していた事実がバレてしまい、今までの人生で苦い経験を受けてしまったひとつの出来事でもありました。

 

 自動車は保有するだけでも、維持費などのお金がかかりますが、万が一事故を起こしたり大きな故障が発生すると、出費は莫大になりますので、お金に余り余裕がない場合は、持たないのもひとつの選択筋だなと、この事故を通して実感させられました。