ワゴンR バルブ交換

タイミングベルト交換はちょっと待った!

車の走行距離が10万q前後で高額な修理費用がかかると買替か迷いますよね〜
過去に高額なタイベル交換で失敗した経験がありますから・・・交換後に別の不具合が発生・・・

なので今回は10万q超えの車を試しに査定したら思ったより高額査定でビックリしました!
高額な修理や交換の前に試しに査定してみるのもアリかもですよ!

ネットで無料の一括査定なら簡単な入力ですぐに査定結果がわかります


⇒私が使った一括査定サイトはこちら

ワゴンRまさかまさかのバルブ破損!修理費用で痛い出費

スズキのワゴンRのRRに乗っていた時の話です。

 

ターボも付いている車種でよく走る車でした。

 

仕事の移動などでも使っていた車だったので、多い時は1日200kmくらい走る時もありました。

 

整備状況は、5000kmでオイル交換、10000kmでオイルエレメント交換を常に実施し、その際に細部も点検していただいていました。

 

気持ち的には、数ヶ月に一回はかならず自動車修理工場で整備していただいているので大きな故障はしないだろうと安心していました。

 

タイヤの空気なども減っている事もあるのでその時に入れていました。

 

15万kmを越えても車検時に悪い所を見つけてもらって、高価になりましたが交換していました。

 

 

ある時、いつもの如く車での移動をして長い坂を上っていました。

 

アクセルを踏み込んだまま坂道を軽快に上っていたらいきなりガクッと力が落ちてどんなにアクセルを踏み込んでもスピードが上がらないようになりました。

 

ただしエンジンは止まらず、スピードは上がらないけどほどほどのスピードでは上がれましたので、無理して仕事は終わらせることが出来ました。

 

再びエンジンキーをひねってもエンジンはかかり少しは走る事は出来ましたので、帰宅しました。

 

途中どうしても不安が腐食できずかかりつけの自動車修理工場へ連絡し内情を話してもあまりよい回答が頂けず、とりあえず帰宅せず自動車修理工場へ直行するように指示されましたので、車が止まらない事を祈り走り続けました。

 

相変わらずアクセルを踏んでもスピードが上がらず、他の車に迷惑をかけないように時々脇によけながら自動車修理工場へ。

 

約50kmの距離を走り切り自動車修理工場に着きました。

 

自動車修理工場では、プラグが被ったり溶けているのではとの予想をたてて見ていました。

 

点検し調整されましたがなかなかうまくいかず、当初の計画とは異なり代車を借りて帰宅という事になりました。

 

次の日に連絡が入り、重症かもしれないとの事でエンジンまで見て見たいとの連絡が入り了承。数日後、原因が判ったとの連絡が入りました。

 

なぜかはわかりませんがバルブが2本欠けていたとの事でした。シリンダーの中は傷がなかったのでバルブを交換との事。

 

かなりお金がかかるとの話でした。

 

 

後日修理が完了し、割れたバルブも見せていただきましたが、きれいに端が割れていました。
原因は不明。修理代は数万円かかりました。

 

安くして頂いて数万円ですみましたがエンジンを降ろしての修理は数十万円越えになることもあるので安くしてこのくらいという値段との説明。

 

もしシリンダー破損ならエンジン交換でかなりの高額になるのでこのくらいでよかったと考えるべきとの話でした。車の維持費だけでなく修理代は整備をしていても何が発生するかわからず、痛い出費でした。