オートマの変速ショックが大きい!ATミッション修理費用は?

タイミングベルト交換はちょっと待った!

車の走行距離が10万q前後で高額な修理費用がかかると買替か迷いますよね〜
過去に高額なタイベル交換で失敗した経験がありますから・・・交換後に別の不具合が発生・・・

なので今回は10万q超えの車を試しに査定したら思ったより高額査定でビックリしました!
高額な修理や交換の前に試しに査定してみるのもアリかもですよ!

ネットで無料の一括査定なら簡単な入力ですぐに査定結果がわかります


⇒私が使った一括査定サイトはこちら

ATの変速するときショックが大きい!原因は?

オートマのギヤを変速「ガクン」となりショックが大きく感じてきたらATF(オートマチックトランスミッションフルード)が減っている可能性や走行距離が多いのに長い間交換しないとオイルが劣化して変速ショックが出たりするようです。

 

このような症状の場合はATF交換で改善されたケースも多いようです。

 

 

ATFはオートマミッション内のギアなどの潤滑油の役割があり摩耗や抵抗を少なくします。

 

他にもエンジンからATミッションへの動力伝達やシフト制御、冷却などにも利用されているのでかなり重要で定期交換したほうがいいようですが、交換時期を過ぎてしまうと交換することで不具合が発生するリスクががあり、もう交換しないで乗り続けたほうがいいという意見もあります。難しいところですね(+_+)

 

こうなるとATが故障したらAT交換しなくてはダメになってしまい修理費用も高額になってしまいます。

 

なのでATF交換時期を逃した車は半分交換して慣らしてから、もう一度交換するというやり方もあるようです。

 

だいたい40000キロ〜50000キロでの定期交換のようです。交換費用は1万円〜2万円程度はかかるかもしれません!

 

交換しない場合は10万キロあたりからATの故障のリスクが高くなってくるみたいですね!!

 

もし10万キロオーバーでATの調子が悪くなったら買換え時期かもしれませんね!

 

10万キロあたりから他の部品も消耗していると思われますし、けっこう10キロならまだ高く売れる可能性があります!

 

今は外国で日本車が売れるため、調子の悪い車でも直して高く売れから買取ってもらえるこが多いので試しに買取業者で査定してもらうのもありだと思いますよ。

 

以前に私もATの変速ショックが少し大きいなと感じていましたが気にせず乗り続けていると、だんだん酷くなってきてしまって参ったことがあります。

 

結局、AT交換を勧められて費用が20万程度かかるようでハンパじゃなかったので買換えました(-_-;)

 

 

少しでも変速ショックを感じたら先ずはATFの量や汚れを確かめてみることです。

 

ATFの量は常に規定量が入っていないとATの性能が得られません!

 

ATFの量を確かめるにはエンジンオイルみたいにオイルレベルゲージで確認できます。

 

ATFが自然にに減るようなことはないため適量以下ならオイル漏れの可能性がありまので修理しましょう。