タイミングベルト交換費用は?

タイミングベルト交換はちょっと待った!

車の走行距離が10万q前後で高額な修理費用がかかると買替か迷いますよね〜
過去に高額なタイベル交換で失敗した経験がありますから・・・交換後に別の不具合が発生・・・

なので今回は10万q超えの車を試しに査定したら思ったより高額査定でビックリしました!
高額な修理や交換の前に試しに査定してみるのもアリかもですよ!

ネットで無料の一括査定なら簡単な入力ですぐに査定結果がわかります


⇒私が使った一括査定サイトはこちら

タイミングベルト交換費用を調べる前に今の車にあと何年乗るか?

車の走行距離10万キロ近くなら買換えを考えないと損するかもしれません!

 

今の車がの価値を調べてから高価な部品交換を検討したほうが良いですよ!

 

 

タイミングベルト交換時期がくると交換費用が高いので交換前の次の車検で車を買い替えようか迷いますよね。

 

しかし、車は走行距離10万qオーバーすると消耗部品交換がけっこう多いし故障のリスク増えます。

 

1度、今の車にあと何年乗りたいか考えてみて、今の愛車が現時点でどれくらいの価値があるか調べてみてからタイミングベルト交換しようか、車検を通そうか検討してみたほうが良いかもしれません。

 

私の場合も走行距離が10万キロ近い愛車が予想以上に高値がついたのでビックリでした経験があります!

 

車を高く売るならディーラーの査定より、まずはネットで無料の一括査定をやった方が高く査定してもらえますよ。

 

⇒とりあえず車の相場を調べてみる

 

とりあえず相場だけ調べたいだけでも、すぐに結果が表示されますよ!

 

今なら売れる車もあと数年でほとんど値段が付かない車になってしまうかもしれません。

 

それなら今の車の価値を調べてみてから決めてほうが良いかもですね!

 

以前にタイミングベルト交換して失敗した私

 

以前の私の体験談ですが、10万キロ近く走行していた愛車を車検の見積もりに出したときにディーラーの整備士にタイミングベルト交換をすすめられました。

 

タイミングベルトは基本的に車の走行距離が10万キロくらいで交換時期になるので当然ですね!

 

タイミングベルトを定期交換しないで10万キロ以上乗り続けるのは恐いですからね!途中で切れたりしたら他も故障してしまい、もっと修理費用がかかってしまいます。

 

なので当然交換しましたが、車検と混みで交換してもらったところ20万円越えの料金がかかってしまいました。

 

タイベル交換費用は7万円程度かかったみたいです。

 

 

しかし当然タイベル交換したので、愛車をまだまだ何年も乗るつもりでしたが…

 

その後にATが故障してしまい、修理費用がかなりの金額がかかるので車を買替ました!

 

 

車は10万q超えると故障のリスクも高くなるし、消耗部品交換部品もオルタネーターブラシやフューエルフィルターなど交換費用がけっこうかかるしメンテナンス費用もバカになりません!

 

車の走行距離が10万キロ前後は1度、車の買替も考えても良い時期かもしれませんよ!

 

とりあえず、タイミングベルト交換前に愛車の価格を調べてみてから考えてみるのも良いかもしれませんよ。

 

⇒車を高く売る方法

 

タイミングベルト交換の工賃は車種や整備工場によっても違う

私もタイミングベルト交換費用の見積もりをディーラーで出されたときは、高額でビビってネットで相場をいろいろ調べてたりしましたが、車種によっても年式や仕様、各整備工場によっても違いがあるので一概にははっきりと言えない感じですね。

 

私がネットなどで調べた情報をまとめてみました。(あくまでもネット上で調べた交換費用です)

 

タイミングベルト交換するときにウォーターポンプも同時に交換するのが一般的でその分の費用もかかるので高額になってしまうみたいですね。さらもタイミングベルトのアイドラやテンショナ―などベアリングも交換したほうが無難なようです。

 

  • アルファードの場合

タイミングベルト取替工賃で約40000円、タイミングベルが約7500円、ウォーターポンプは約14000円、タイミングベルトアイドラ約6000円、テンショナ約7500円で他のついでに交換部品も含め合計費用が約80000円くらいかかっちゃいます。

 

エスティマ、エリシオン、オデッセイ、ステップワゴンなどミニバン系なら60000円〜80000円ぐらいは覚悟したほうがいいかもですね。

 

  • 軽自動車の場合

軽自動車の場合車種によって違いがあるようですが、タイミングベルトが2500円、工賃で20000円、ウォーターポンプなど一緒に交換したほうが良い部品で計30000円ほどかかるようで、合計費用50000円程度かかるようです。

 

タイミングベルトの交換時期は?交換しないと切れるの?

 

車の走行距離が10万kmに近づいてくるといろいろな不具合や故障が起きますよね。その中でも時に気をつける必要があるのがタイミングベルトなのです

タイミングベルトは、車のエンジンに関わる、とても大切な役割があります。エンジンのピストンとバルブの動力やタイミングを調整しているのです。つまりタイミングベルトが壊れるとエンジンも故障してしまう可能性が大なのです。

 

古い車に乗っている方は、車検の時にタイミングベルトを交換した方が良いですねと言われたことはないでしょうか。

 

走行距離の多い車でタイミングベルト交換をすすめられるのはこんな理由があります。

 

タイミングベルトの寿命は10万kmが目安となっている。もし乗車中にタイミングベルトが切れてしまうと、事故に繋がる恐れがある。切れた後の修理は多額の費用が掛かる。ことなどがあげられます。

 

 

ベルトと付いている通り、タイミングベルトは特殊なゴムでできています。だから、長く使っていると、伸びてしまったり、擦り減ったり、切れてしまうのです。実は2000年代になってからタイミングベルトに替わってタイミングチェーンも増えてきました。

 

昔のチェーンは音がうるさくて部品としての精度も低いものだったのです。

 

でも技術の進歩によって、静かで精度の高いローラーチェーンが開発され、採用する車が増えてきました。とは言え、まだまだタイミングベルトの車も健在です。

 

一般的にはタイミングベルトの交換は10万kmが一つの目安とされています。
とは言え9万kmでそろそろ替えようか悩んでいる人、12万kmでさすがにヤバイかなと思いながら乗っている人、いろいろな状況があると思います。

 

交換するタイミングのおおよその目安が分かれば少しは安心です。

 

勿論ベストなのは走行距離10万km前後の車は出来るだけ早いうちに交換することが必要です。

 

また、タイミングベルトの異常を発見するヒントは音からになります。

 

タイミングベルト自体はカバーが掛けられていて外からは見ることが出来ません。ですからエンジン部分からキュルキュルと言う音がしたら直ぐに整備士さんに見てもらいましょう。

 

タイミングベルトが壊れる理由は、次のようなことがあげられます。

  • ゴムが酸化して硬くなり、劣化が早まった
  • 冷却水やエンジンオイルの交換をしなかったのでタイミングベルトに負担がかかった
  • 急発進や急ブレーキなど荒い運転のせいでタイミングベルトへの負担が大きくなった
  • カバー内部へオイルや油類が入り込みベルトが擦り減ったなどです

 

 

これらの壊れる理由が分かればタイミングベルトを長持ちさせる秘訣も分かってきます。

 

乱暴な運転はしない、エンジンオイルや冷却水などの定期的なメンテナンスを欠かさないことです。

 

実際にタイミングベルトの交換はカーディラーや町工場などで行ってくれます。

 

費用はかなり差がありますがタイミングベルトだけなら1万円くらいから3万円くらいでしょう。

 

また交換時期にはウォーターポンプなど他の部品も替えることが多くあり費用はそれ以上にかかることを覚悟しておきましょう。

更新履歴